群馬県|整骨院での股関節臼蓋形成不全 太田市 かわうちはり灸整骨院

  • トップページ
  • お役立ち情報
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
■該当件数3件 | 1 | 2 | 3 | 次へ>
TOP > 群馬県 > かわうちはり灸整骨院

股関節形成不全

整骨院での股関節臼蓋形成不全 太田市 かわうちはり灸整骨院


臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)とは?

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)とは、骨盤の形態異常のことで、先天的あるいは後天的に、臼蓋側のかぶりが浅く、股関節が不安定な状態であることを指します。 アジア人、とりわけ日本人には多く、日本の股関節痛の患者様の約8割は、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)を有しているといわれます。 変形性股関節症の発症リスク因子とも考えられています。

しかし臨床的には、必ずしも臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)があるからといって変形性股関節症へと進行するのではなく、日本人独自の和を重んじる生活スタイルを基盤に、出産、育児、仕事、家事、介護、スポーツなど、いくつかの股関節へと負担とようなライフイベントが重なることで、変形性股関節症へのリスクが高まると理解すべきです。

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の症状

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)も、幼少期の股関節脱臼の治療経験や親御さんからの指摘がない限り、自覚的にその存在に気が付くことは稀です。 ほとんどの方が、股関節痛を抱え、整形外科でレントゲンを撮って初めてその異常に気付き、驚かされることが多いようです。 特に、小さい頃から姿勢や歩き方の注意を受けてきた方、内股傾向や床での座り方に特徴や癖がある方では、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の存在が強く疑われます。

当院では、電気治療、手技、鍼灸治療、トレーニングなどの治療を行っております。